調理師になるための過程とこれからの需要を考えよう

厨房

コーヒーの淹れ方を学ぼう

カフェ

バリスタとはコーヒーを美味しく淹れるための技術や知識などを持っている職人です。バリスタになるには、いろんな手段があります。全くの未経験から始める場合には専門学校で勉強することをおすすめします。

この記事を読む

需要の高まる職業

食材と包丁

調理師とは、飲食店や病院などでお客さんに出す食事を作る人です。調理師になるには、調理師の専門学校に通い免許を取得する方法と、学校に通わず飲食店で働き技術を身に着ける方法の二種類があります。最初からお店で働いて経験を積む方が技術の取得も早く、プロの技を盗んで腕を磨いていくことができますが、基礎的な知識などは自分で勉強していかなければならないのであまり深く勉強できないという点もあります。その反面、調理師専門学校に通うと基礎的なところから学ぶことができますので、知識がたくさん身に着きます。技術を学べる実習なども授業のなかでも取り入れています。実習を通して調理の技術も着実に上げることができますので、社会に出てからでもとても役立ちます。調理師は何より実務経験が一番大事になります。実務経験をたくさんこなせばこなすほど調理師としての高い技術力や自信を身に着けることができます。専門学校で様々なことを学んで調理師になるための土台をしっかりと作っていきましょう。

調理師になるには、必ずしも調理師免許を取得しなければいけないというわけではありません。調理師の免許がなくても飲食店でプロとして働くことはできます。お店によって調理師免許を取得しておいたほうがいいものと、免許を取得しなくてもいいものがあります。免許を取得しなくてもいいお店はラーメン店やそば職人、寿司職人などがあります。これらの職人は免許取得に向けて勉強するよりも先に技術を取得するほうが大切で、いかに早く一人前としての技術を身に着け現場で活用することができるかが勝負なのです。調理師免許はすぐに取得しなくても後から取ることも可能です。専門学校で学んで取得することが手っ取り早い方法ですが、飲食店での2年以上の実務経験があれば、調理師免許の試験を受けることができ資格を取得することができるのです。近年日本の食文化は目覚ましい進歩を遂げていて、飲食店の数はますます増えていくと考えられています。それに伴い調理師の数も多く必要になってきますので、調理師の仕事はこれからますます活動の幅が広がっていくといえます。海外からの観光客も年々増加している今、技術の高い調理師が求められているのです。

専門的に学べる学校

お菓子

最近では高校から専門分野を学べるところが増えていて、その中でも人気の高いコースが製菓コースです。高校の製菓コースでは、製菓に関する基礎知識や技術力までを学べる内容の濃い授業を取り行っています。

この記事を読む

夢を叶えるための近道

パン

パンや製菓の職人を目指すなら専門学校や大学に通うことが一番の近道であるといえます。専門学校では、製菓の様々な国家資格を取得することもでき、充実した授業内容を受けられます。一人前のパン職人を目指して勉強に励みましょう。

この記事を読む